ブログ

島原市権利擁護センター

・島原市権利擁護センターとは

令和2年4月1日、島原市社会福祉協議会内に成年後見制度に関する相談や利用支援などを行う窓口として、島原市権利擁護センター(島原市成年後見制度利用促進指定中核機関)が開設されました。

機関設置は長崎県内でも初めてとなります。成年後見制度の利用促進や権利擁護を支援する中核機関として、認知症の方や障がいのある方々が、住みなれた地域で安心して暮らせる社会づくりを目指します。

・事業内容

1.成年後見制度の普及啓発

成年後見制度や権利擁護について、地域の方々に理解していただくためのセミナーや講座を開催します。

成年後見の担い手となる方を養成しサポートします。

2.権利擁護について相談・関係機関との連携

福祉関係機関・事業所などから成年後見制度にまつわる相談に応じます。(二次相談窓口)

権利擁護に関係する機関(裁判所・弁護士・司法書士・病院・福祉関係・行政など)が連携できる体制づくりを進めます。

・成年後見制度とは

 「認知症」や「知的障がい」、「精神障がい」などで正しい適切な判断ができなくなってしまった人のために、「家庭裁判所」が適切な支援者(後見人 等)を選ぶ制度です。

選ばれた支援者は、本人の希望を尊重しながら、財産管理や身の回りのお手伝いをします。

法務省 リンクhttp://www.moj.go.jp/content/001287467.pdf

PAGE TOP